アトピー性皮膚炎になったら、少し不潔なくらいがちょうどいい?

ウィルスや細菌の感染から皮膚を守ってくれているのは皮膚常在菌のおかげ

人の腸の中には乳酸菌や大腸菌などの微生物が住んでいるのと
同じように皮膚には、皮膚の脂肪をエサにする皮膚常在菌という
菌が住んでいます。

 

この常在菌が脂肪を食べると皮膚に脂肪酸の膜がつくられて、弱酸性の
バリアができます。

 

その弱酸性のバリアが、皮膚に病原菌がつくのを防いでくれているのです。

 

ところが石鹸で手を洗うと、皮膚常在菌の約9割が死んでしまいます。
しかし、1割の菌が残っていれば、12時間後には元の状態に戻ります。

 

ここで薬用の液体せっけんを使ってしまうと、皮膚常在菌はみんな
死滅してしまい再生しません。

 

皮膚常在菌や口内菌のいない手やのどは、感染症を起こすウィルスや細菌が
付着しやすくなると言われています。

 

 

●スポンサーリンク

 

 

 

 

きれい好きな人ほどアトピー性皮膚炎に罹りやすい

皮膚常在菌のバリアが壊れているのに、薬用せっけんを使い続けると、
皮膚常在菌が死滅して、脂肪酸の皮脂膜が再生されないために皮膚がカサカサに
なってしまいます。

 

皮膚の最上層には角質層があり、外敵の侵入を防ぐ働きを持った皮膚の最も
硬い部分なのですが、皮脂膜が再生されないと角質層の細胞はバラバラになって
しまうからです。

 

角質層のブロックが崩れると、皮膚のすきまから、ウィルスや細菌が侵入しやすく
なるので、異物の侵入を免疫システムが捉え、かゆみや湿疹などの炎症を起こします。

 

これが乾燥性皮膚炎の原因と言われています。

 

この時に腸が不調で、免疫システムの制御ができずに誤作動を起こすとアトピー性
皮膚炎に進行していく原因になると言われています。

 

アトピー性皮膚炎をはじめ、アレルギー性疾患の多くは、免疫力が弱く、
免疫システムが誤作動を起こして発症する病気と認識されています。

 

この仕組みを知らずに、肌が乾燥したからと保湿クリームを塗る人が多いのですが、
皮脂膜のバリアを取り除いておいて、人工的なクリームを塗るというのもおかしな
話です。

 

それに薬剤に頼っていると、免疫システムは怠けてしまい、機能が低下してしまい
ます。

 

また本来の病原菌を倒すという仕事を失った免疫システムは、暇を持て余し、
体に害のない、花粉や家ダニ、ホコリなどの異物にまで反応するようになり、
攻撃を加えるようになって、体に炎症を起こします。

 

その炎症が鼻で起これば、アレルギー性鼻炎に、皮膚で起こればアトピー性皮膚炎、
気管支で起こればぜんそくということです。

 

 

過保護がアレルギーの原因と言われる根拠とは

アレルギーの体質によるデータでは、兄弟姉妹が多い家族ほど、アレルギー体質に
なる子供が少ないと言われています。

 

そして、また別のデータでは、第一子はアレルギー体質になりやすいと言われて
いるのです。

 

さらに母親が働いていない家庭の子供は、アレルギー体質になる確率が高いとも
言われています。

 

これらのデータに共通する原因は「細菌」です。

 

つまり、母親の関心が子供に向かい過ぎて、神経質に「細菌」の排除に取り組むと、
免疫力は弱体化し、子供がアレルギー体質になりやすいという側面が見えて来ます。

 

昔の子供は小汚かったけど、アレルギー疾患に罹るような子はほとんどいませんでした。

 

実はアレルギー対策を考える上で、子どもは、少し不潔なくらいが丁度いい
言えるのかもしれませんね。

 

 

実際の体験談は、こちらをご覧ください。
⇒乳酸菌革命!アトピーが鎮まるまでの体験談!食事中の方閲覧注意!

 

 

●スポンサーリンク

 

 


トップページ 乳酸菌革命について! サプリメントの口コミ サイトマップ