アトピー 生活習慣

どのような運動をすればいいのか?

食べ物を同じように食べていても、運動などスポーツを
している人は害が出にくい傾向にあるようです。

 

運動量を増やす事で、「脂肪」「タンパク質」などを消化、
燃焼し、血液の循環がよくなるので、体外に排泄され
やすくなるようです。

 

運動には食欲を抑えたり、成長ホルモンの促す効果
もあります。

 

基礎代謝について

 

人間が消費するエネルギーには下記の3つがあります。

 

・運動や生活活動で消費するエネルギー・・・20〜30%

 

・生命を維持するのに必要なエネルギー(基礎代謝)・・・60〜70%

 

・食事の時に咀嚼や消化吸収に使われるエネルギー・・・10%

 

運動や生活で使われるよりも、基礎代謝で使われるものが
多くなります。

 

基礎代謝とは、体温の維持、呼吸、心拍、内臓の働きなど
人間が生きていくために最低限必要な機能を維持する
エネルギーです。

 

基礎代謝は10代をピークとして、40代から急激に減少します。

 

なので、中年になって若い頃と同じような食事をしていると
太りやすくなるのは、このせいなのです。

 

基礎代謝は、肝臓と脳、筋肉が大きな位置を占めています。

 

この中で、筋肉は20%を占めており、この時のエネルギーは
ほとんどが熱に変わり、体温の調節に使われます。

 

しかも筋肉は容易に増減が可能なので、脳や肝臓など他の
臓器よりも取扱い次第ではどうにでもなる部分になります。

 

基礎代謝量を増やすためには筋肉が重要になってきます。

 

基礎代謝量を増やす

 

筋肉が増えれば、タンパク質の合成や分解も増えエネルギー
は多く消費されます。筋肉を増やし、基礎代謝量を増やす
ことで、たくさん食べても害が出にくくなります。

 

単品ダイエットがうまくいかないのは、単純に筋肉が減って
いるだけだからのようです。

 

そしてダイエットを止めると筋肉が減っている分、基礎代謝量
が減っているので、ダイエット前と同じ食事をしても、太って
しまうのです。

 

逆に運動して筋肉がしっかりと付いていれば、代謝は
よくなるのでリバウンドしないようです。

 

どんな運動が効果的なのか?

 

では、どんな運動をすれば良いのでしょうか?

 

あまり激しい運動をすればよいというものではなく、
ウォーキングなどの軽い運動の方が効果的だそうです。

 

目安としては、健康のために一日一万ぽ歩くのがよいと
言われているようです。

 

アトピーを克服する為には、食事と運動の両輪で努力する
必要があるようです。

 

 

●スポンサーリンク

 

質の高い睡眠をとるために必要な事

アトピーの改善には睡眠も必要な要素です。

 

成長を促したり代謝の調節を行う成長ホルモンは、
睡眠に入ってから30分で分泌をはじめ、熟睡している間に
たくさん分泌されるようです。

 

そのため、睡眠不足は皮膚の再生を阻害し、脂肪の
定着も阻害され、血中に溢れ出すという事が起こるようです。

 

それが巡って、皮膚に表れ、吹き出物や肌荒れアトピーの
原因になります。

 

毎日熟睡する為に、夜更かしを避け、規則正しい生活を
心がける事が大切です。

 

温めのお風呂に入ったり、簡単な体操や音楽を聞いて
リラックスするなど自分なりの睡眠方法を見つけると
良いようです。

 

 

実際の体験談は、こちらをご覧ください。
⇒乳酸菌革命!アトピーが鎮まるまでの体験談!食事中の方閲覧注意!

 

 

●スポンサーリンク

 

関連ページ

一般的に言われているアトピーの原因とは?
一般的にアトピーの原因とされるストレスや微生物、化学物質などについて調べてみました。
最新学説からみるアトピーの原因とは?
最新学説によるとアトピーの原因はカビだった!?最新学説からアトピーの原因を調べてみました!
アトピーと冷えの相関関係とは?!
アトピーと冷えが関係がある?アトピーは夏の暑い時期に汗などでひどくなると思われがちです。でも実際は冷えとの関係も深いようですよ。
口呼吸とアトピーの関係とは?
口呼吸がアトピーの原因?喉には鼻毛のような外からのウィルスや細菌を除去するフィルターが無いので、感染しやすい器官と言われています。
温かいものを食べるように心がける
冷たい食べ物は体を消耗し、免疫力を低下させるので、アトピーの人は冷たいものを食べるよりも温かい食べ物を摂りましょう。
重力は体に負担になっている
人は二足歩行をする事で体にかなり負担をかけているようです。免疫力を高めるためにも骨をしっかり休めましょう。
片方の歯だけで食べ物を噛むのを止める
両方の歯ではなく、片側で食べものを噛み続けると、体の歪みになり口呼吸の原因となるようです。
アトピーなら体によい食べ物を選ぶ
アトピー悪化の原因は、刺激の強い香辛料入りの食品やインスタント食品などの食べ物と言われています。体に良い食べ物を食べましょう。
アトピーなら食事の質や量も考える
「脂質」「タンパク質」「糖質」の採り過ぎがアトピー悪化の原因という説もあります。ここではこれらの成分が皮膚から溢れだすという「オーバーフロー説」について説明します。
糖質過剰型のアトピー症状の人が気をつける事とは?
糖質を過剰に摂取して、脂肪が溜まるタイプのアトピーを糖質過剰型のアトピーといいます。ここでは、糖質過剰型のアトピーの傾向についてお話します。
食べ過ぎの症状のひとつとして現れるのがアトピー!
アトピーは食べ過ぎが原因のアレルギーや疾患の一つに過ぎません。出る場所によって鼻炎、にきび、花粉症となるようです。
アトピーの人はどんな食事をとればいいのか?
食べ物の偏りや食べ過ぎがアトピーの原因であるなら、何をどのように食べるのがよいのでしょうか?注意点をまとめてみました。

トップページ 乳酸菌革命について! サプリメントの口コミ サイトマップ