アトピー 冷たいもの

現代人は冷たいものばかりを食べている

1970年代の高度成長期より日本人の生活様式は
大きく変わりました。

 

この頃から冷蔵庫やエアコンなどの家電が普及し、
夏でも涼しい部屋で冷たいものを飲んだり食べたり
する生活習慣が定着してきました。

 

今では夏だけではなく、年中冷たいものを食べたり
飲んだりしている人も多いようです。

 

暑いときに冷たいものを飲むと、一時的に喉の渇きが
癒され爽快感も得られますが、同時に体も疲れて
しまうようです。

 

昔の人は「冷たいものを食べたり飲んだるするとおなかを
こわす」と言って、体温よりも少しだけ暑いものを食べたり
飲んだりしていたようです。

 

 

●スポンサーリンク

 

最近では聞かなくなった「夏バテ」という言葉

昔は、夏に食欲がなくなったり、水分を取り過ぎて
おなかをこわすと「夏バテ」になるとよく言われていました。

 

今は、その「夏バテ」という言葉が無くなってしまったようですが、
それは一年中「バテ」ているせいだと言われています。

 

人間のからだは、冷たいものを飲んだ時に、冷えた胃腸を
体内温度の37度にまで引き上げようとする恒常性の反応が
起こります。

 

この時に、余分な体力をエネルギーとして使ってしまうので、
バテてしまうのです。

冷えがアトピーの原因?

恒常性の動物は体温が一定に保たれることで、免疫力が
正常に働くような仕組みになっています。

 

人間の体内は37度に保たれており、体内温度が1度
でも下がると、白血球などの免疫系等の働きが弱って
しまいます。

 

その時に小腸の扁桃リンパ節が集まったパイエル板が
うまく働かず、大腸菌などの悪玉菌や、細菌、ウィルス、

 

未消化のたんぱく質などがばらまかれ、白血球に取り
込まれて、血液を通して循環し、体内の細胞に取り
込まれてしまいます。

 

それらの悪性物質が、細胞内の酸素や栄養素を
横取りするので、ミトコンドリアがうまく働かなくなってしまい、
細胞が変性してしまいます。

 

これがアトピーや花粉症、喘息などの免疫病の原因に
なると言われています。

アイスクリームはダメ!

アイスクリームは、さらに冷たいので、体温の上昇には
かなりエネルギーを消費してしまいます。

 

しかも、冷やしすぎる事によって、腸内細菌が白血球に
取り込まれたものが、脳のニューロンに達するので、本来

 

アドレナリンができる部分に幻覚や幻聴を起こす
メタンフェタミンができてしまいます。

 

これが、うつ病や統合失調の原因とも言われているようです。

 

 

実際の体験談は、こちらをご覧ください。
⇒乳酸菌革命!アトピーが鎮まるまでの体験談!食事中の方閲覧注意!

 

 

●スポンサーリンク

 

 

関連ページ

一般的に言われているアトピーの原因とは?
一般的にアトピーの原因とされるストレスや微生物、化学物質などについて調べてみました。
最新学説からみるアトピーの原因とは?
最新学説によるとアトピーの原因はカビだった!?最新学説からアトピーの原因を調べてみました!
アトピーと冷えの相関関係とは?!
アトピーと冷えが関係がある?アトピーは夏の暑い時期に汗などでひどくなると思われがちです。でも実際は冷えとの関係も深いようですよ。
口呼吸とアトピーの関係とは?
口呼吸がアトピーの原因?喉には鼻毛のような外からのウィルスや細菌を除去するフィルターが無いので、感染しやすい器官と言われています。
重力は体に負担になっている
人は二足歩行をする事で体にかなり負担をかけているようです。免疫力を高めるためにも骨をしっかり休めましょう。
片方の歯だけで食べ物を噛むのを止める
両方の歯ではなく、片側で食べものを噛み続けると、体の歪みになり口呼吸の原因となるようです。
アトピーなら体によい食べ物を選ぶ
アトピー悪化の原因は、刺激の強い香辛料入りの食品やインスタント食品などの食べ物と言われています。体に良い食べ物を食べましょう。
アトピーなら食事の質や量も考える
「脂質」「タンパク質」「糖質」の採り過ぎがアトピー悪化の原因という説もあります。ここではこれらの成分が皮膚から溢れだすという「オーバーフロー説」について説明します。
糖質過剰型のアトピー症状の人が気をつける事とは?
糖質を過剰に摂取して、脂肪が溜まるタイプのアトピーを糖質過剰型のアトピーといいます。ここでは、糖質過剰型のアトピーの傾向についてお話します。
食べ過ぎの症状のひとつとして現れるのがアトピー!
アトピーは食べ過ぎが原因のアレルギーや疾患の一つに過ぎません。出る場所によって鼻炎、にきび、花粉症となるようです。
アトピーの人はどんな食事をとればいいのか?
食べ物の偏りや食べ過ぎがアトピーの原因であるなら、何をどのように食べるのがよいのでしょうか?注意点をまとめてみました。
運動や生活習慣の改善も必要
アトピーの治療では、食事の改善だけではなく、質の高い睡眠でホルモンバランスを整えたり、運動で代謝を促す事も大切です。

トップページ 乳酸菌革命について! サプリメントの口コミ サイトマップ