乳酸菌とアトピーの関係は?

アトピーになるかどうかは乳幼児期の腸内環境が影響している!

赤ちゃんは、母親から生まれるまでは、ほぼ無菌状態でいるのですが、
一度、母体から生まれ出た瞬間に、空気などからあらゆる細菌に感染をしはじめます。

 

生後一日目の便は、緑色がかっているのですが、この時点で既に悪玉菌に
感染している状態なのです。

 

赤ちゃんは腸内の善玉菌を母乳や粉ミルクなどによって取り入れます。

 

大体は2歳になるまでにアトピーを発症しなければ、その後はアトピーに
なりにくい体質になると言われています。

 

その為には、母子ともに乳酸菌を取り入れることが必要となってきます。

 

2歳までの赤ちゃんの場合は、このように予防策もあるのですが、
既にアトピーを発症してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

乳酸菌はアトピーの治癒にも役に立っていると言われています。
これらの乳酸菌は「ラクトバチルス」という新しい乳酸菌です。

 

主に抗酸化作用とメラニン生成抑制作用を兼ね備えた「ラクトバチルス」は、
炎症や傷を癒す効果があると言われています。

 

特に効果的と言われているのは、下記の乳酸菌です。

 

・ラクトバチルス・バラカゼイ
・ラクトバチルス・アシドフィルス
・ラクトバチルス・ヘルベティカス

 

これらの乳酸菌は、「乳酸菌革命」の16種類の乳酸菌群にしっかりと
含まれていますよ。

 

 

実際の体験談は、こちらをご覧ください。
⇒乳酸菌革命!アトピーが鎮まるまでの体験談!食事中の方閲覧注意!

 

 

●スポンサーリンク

 

関連ページ

過敏性腸症候群と乳酸菌の関係は?
過敏性腸症候群はストレスが原因の疾患といわれていますが、乳酸菌によって腸内に蠕動運動を起こしてやる事が症状の緩和につながっているようです。
アトピー症状の改善は腸内環境の改善が早道!
アトピー症状の改善は腸内環境の改善が早道ではないかと言われています。腸内環境を整える事で、免疫力を高めるからだそうです。
乳酸菌はアトピーに効果あるの?
乳酸菌はアトピーにどのように作用しているのでしょうか?どうやらアトピーは2つの免疫細胞のバランスが関係しているようです。

トップページ 乳酸菌革命について! サプリメントの口コミ サイトマップ