乳酸菌とアトピーの関係について記事一覧

乳酸菌とアトピーはどのように関係しているのか?

赤ちゃんは、母親から生まれるまでは、ほぼ無菌状態でいるのですが、一度、母体から生まれ出た瞬間に、空気などからあらゆる細菌に感染をしはじめます。生後一日目の便は、緑色がかっているのですが、この時点で既に悪玉菌に感染している状態なのです。赤ちゃんは腸内の善玉菌を母乳や粉ミルクなどによって取り入れます。大...

≫続きを読む

過敏性腸症候群と乳酸菌の関係は?

最近、IBS(過敏性腸症候群)が話題となっています。IBSは大腸の蠕動運動や分泌がうまく機能せずに下痢や便秘を繰り返すなどの症状を発症します。ところが医師などの検査では、ガスや便秘による下腹部の張りはあるものの、炎症や潰瘍などが見られず、主にストレスが原因と言われています。神経伝達物質のセロトニンは...

≫続きを読む

アトピー症状の改善は腸内環境の改善が早道!

最近の医学では下痢や便秘のみならず、腸が体全体の健康に重要な意味を持つという事が段々と分かってきたようです。現在、アトピー性皮膚炎発症のメカニズムとして、免疫の異常によっておこるのではないかと考えられているようです。免疫は自分の身体(自己)の中に病原体などの異物が侵入してきた場合、これを非自己とみな...

≫続きを読む

乳酸菌はアトピーに効果あるの?

生まれる前の胎児は無菌状態で、腸内にも表皮にも細菌はいません。しかし、生まれてくる時に、母親の産道や皮膚、あるいは病院の空気や看護師さんの手からいろいろな細菌をもらい受けます。生後1日目の大便は、「胎便」と呼ばれる緑色がかった便で、この時にすでに大腸菌や悪玉菌の「クロストリジウム」などに汚染されてい...

≫続きを読む


トップページ 乳酸菌革命について! サプリメントの口コミ サイトマップ